ノーローンと総量規制のルール

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

ノーローンと総量規制のルール

消費者金融「ノーローン」でのキャッシングを利用したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
そういった人に理解して頂きたいのが「総量規制」というワードの意味。

 

こういった話は2010年の6月に始まった法律です。
消費者金融から受けられる借入額は、借り手の3分の1までとなるルールのこと。
総量規制の場合は、ひとつのキャッシング業者を対象とした値ではなく、複数業者を利用する場合、
その借り入れ総額が年収3分の1まで、という意味になります。

 

「ノーローン」でのキャッシングを検討されている人は、総量規制の対象となりますから、
年収3分の1の借入金額を超えた融資は不可能となります。

 

もしも初めてキャッシングを利用される方は、
いきなり高額融資を受けられないため、年収の3分の1になるケースは考えにくいですし、
長期間キャッシングを利用経験があり、総量規制よりも融資を受けたいとお考えの場合なら、
規制の対象外の方法を選択する必要があります。

 

「ノーローン」の場合、新生銀行グループの消費者金融会社ですが、同系列グループ企業の
「新生フィナンシャルカードローン=レイク」は銀行法のルールが適用されています。

 

レイクでのキャッシングは、総量規制対象外となりますから、
年収の3分の1を超える融資も受けられるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。